お知らせ

2017-04-18 15:56:00
『フラメンコ』というと、とかく華やかさのある踊りに目が行きがちな私たちですが、その根幹にあるのは”カンテ(唄)
フラメンコの本場スペイン、ヘレス・デ・ラ・フロンテーラのカンテの黄金時代を生きた貴重な歌い手 パコ”エル・ガソリーナ”が今夏、初来日!
ガソリーナ氏のチョサのブレリアは、日本を代表するファッションデザイナー・ヨウジヤマモト氏のパリ・コレクションのBGMに起用されるなど
ジャンルを超えて評価されています。そんな彼の歌声を、ぜひ生でお聴きください・・・!
参照;Yohji Yamamoto pour homme S/S 2017 show footage Youtubeにジャンプします
★7/14(金)甲府 桜座
★7/16(日)大阪 カサ・グロリア
★7/17(月.祝)東京 カサ・デ・エスペランサ
山梨近県にお住まいの方、山梨県内フラメンコ愛好家、バイレ練習生に、ぜひおすすめしたい大変貴重なライブ!
*・+・*・+・*・+・*・+・*
056.gif”El Gasolina” canta en kofu -受け継がれてゆくもの- vol.3
20170714FlamencoLive.jpg
-Paco El Gasolina-
1949年、ヘレス・プラスエラ地区に生まれる。
その後、パケーラ、テレモト、ティオ・ボリーコ等多くのアーティストが居住していたアスンシオン地区に居を移し、毎日を生きたフラメンコの中で過ごす。
特に伝説の個性派カンタオールとして知られたエル・チョサと深い友好関係を持ち、そのスタイルの後継者として知られる。
"La Nueva Frontera del Cante(1973年)"や”Antologia Flamenco -Perico el del Lunar hijo(2002年)”等、歴史に残る名盤の数々に参加。
ヘレスの古きよき時代を生きた今や数少ない貴重な存在であり、若かりし頃から「玄人好みのアーティスト」と絶賛されたその歌声は、昨年日本のファッションデザイナー・ヨウジヤマモト氏のパリ・コレクションのBGMに起用されるなど、ジャンルを越えて評価されている。
日時;2017年7月14日(金)19:00開場/19:30開演
   ※17:30より整理券配布
会場;桜座(山梨県甲府市中央1-1-7)JR甲府駅より徒歩15分
料金;前売=5,000円、当日=5,500円
   ※全席自由
出演;カンテ=パコ ”エル・ガソリナ”
   ギター=俵英三
   カンテ=小里彩
   バイレ=金子文乃
ご予約・問合せ;090-4072-8078またはloandare@gmail.com(金子)
◎当店からもご予約可能→店頭またはこちらのお問合せフォームをご利用ください
20170714FlamencoLive0.jpg